福田刃物工業株式会社 福田刃物工業株式会社
サイトマップ プライバシーポリシー
お客様窓口へのお問い合わせはこちら 人事窓口へのお問い合わせはこちら
HOME 会社情報 製品案内 採用情報 FUKUDABLOG お問い合わせ
トップページ > 会社情報 > 歴史

会社情報
会社概要
歴史
組織図
歴史
明治~大正~昭和

明治29年~(1896年)
大正5年の工場
創業明治29年(1896)。初代福田吉蔵は関市川合町に福田製作所を設立し、最初はポケットナイフの製造からスタートした。
その後、大正10年(1921)に国内で初めて断裁包丁の製造を始めたのをきっかけに、それまで国内では殆んど作られていなかった工業用機械刃物の専業メーカーとして会社を拡大していく。
昭和に入り、業界随一の製造能力を有し、工場設備においては東洋最大と言われた。昭和10年代は、陸海軍指定工場として満州、支那、印度、濠州、欧米にまで輸出していた。
昭和15年の会社案内 昭和15年の工場

昭和24年~(1949年) 昭和24年(1949)に現在の福田刃物工業株式会社を設立。以降、断裁包丁を中心に飛躍的に発展していく。昭和30年(1955)に東京支店を設立。
昭和49年(1974)には現所在地(敷地面積:1万㎡)に本社・工場を移転し、最新設備を積極的に導入し自社技術を大きく向上させ、受注生産型工場の基礎を固めていった。
昭和51年には、紙断裁包丁のJlSマーク表示認定工場に登録された。



昭和~平成~そして未来へ

昭和55年~(1980年)
1980年代に入り、工作機械・産業機械向けの精密部品加工に着手し、異分野へ積極的にチャレンジしていった。精密部品加工部門は順調に受注を伸ばし、平成3年(1991)に新工場を完成。平成5年には、営業・技術部門の拡大に伴い、新事務所を増築。
そして、社員のお客様に対する意識改革を目的として2000年4月にISO9002を取得した(2003年3月にはISO9001:2000に更新)。2016年12月に第4工場を完成。
過去から多くを学び、変化を受け入れ、未来に積極的に挑戦する一そんな会社の姿勢があるからこそ、創業から100年以上経った今、会社がしっかりと存続していると我々は考えます。幾多の困難に立ち向かい、それらを乗り越えていった先人たちの活動の足跡をたどりながら、FUKUDAの創業期のチャレンジ精神ならびにモノづくりの心をこれからも大切にしていきます。
すべてはお客様の「安心」と「満足」のために、そしてお客様の期待を「超越」するために福田刃物工業株式会社は現存に満足することなく、伝統に固執することなく、新しいことに果敢にチャレンジしていきます。

概観写真


前のページへ戻る ページトップ
Copyright © 2006 FUKUDA HAMONO All Rights Reserved.