イベント

ピアソラ、なんとか完奏しました!

That was fun. Lots of great memories. Many thanks to Asami Kawai and Osuns members. Always a pleasure playing Saxophone with you.

Spring of Buenos Aires by Astor Piazzolla 

ピアソラの「ブエノスアイレスの春」のサックス6重奏、5/14(土)に演奏を終えました。今は不思議な気分です。うわ!なんで?やっぱり!とミスが悔やまれる箇所はいくつかあります。でも終わったことだし、しっかり分析して次に繋げたいと思います。

「これやりたい!」とこの名作を推したのは自分。最初の先生には「大丈夫?」と何度も聞かれました。ソプラノ担当として、正直いつもより重圧と責任を感じていました。そのうち無我夢中になり、練習が苦ではなくなりました。今年に入り、ますます気合が入り毎日まねきねこに通うように。店員さんと更に仲良くなりました。

演奏が終わってホッとするかと思いきや、今はとても寂しい気持ちです。いろいろな思い出がよみがえります。

「やって本当に良かったぜ」と初めて自分に言える曲でした。

日頃の練習の仕方を見直したり、絶妙なタイミングで励ましてくれたりと、先生には感謝の気持ちで一杯です。ロングトーンの大切さ、身に沁みました。

オーサンズのメンバーと今まで以上に真剣に楽しく、そして数多く練習できたことも良い思い出です。

最後に、先生とスタッフの皆様、応援に来てくれた恵介さんと篠原くん(写真担当)。そして江嵜さんとナオミちゃん。今回もありがとうございました。

そして黒田さん、今まで本当にありがとうございました(泣)

※翌日、名古屋サックスフェスタで雲井先生の渾身の演奏を聴けて良かったです。震えました。

【2022.5.18  社長】

パートナーシップ構築宣言
  1. イベント

    ものづくりの考え方
  2. イベント

    やはり、社内の様子は直接見てもらうのが一番
  3. イベント

    熱処理の説明をするという大切な役割
  4. イベント

    掃除の習慣化
  5. イベント

    段取りの大切さ
PAGE TOP