福田刃物工業株式会社 福田刃物工業株式会社
サイトマップ プライバシーポリシー
お客様窓口へのお問い合わせはこちら 人事窓口へのお問い合わせはこちら
HOME 会社情報 事業内容 採用情報 FUKUDABLOG お問い合わせ
トップページ > 製品案内

製品案内
紙・ダンボール加工用
リサイクル粉砕用
ゴム・樹脂加工用
鉄鋼加工用
食品加工用
その他の刃物
工作機械部品
刃物メンテナンス
TOP CUT
クリアカッター


製品案内
抜群の耐磨耗性 TOP CUT 製品の詳細、当社設備・工場見学のお問合せは今すぐこちら

New TOP CUT 超微粒子超硬断裁包丁 トップカット
 
新しい超微粒子超硬を採用したトップカットの実力

特長

耐摩耗性
従来の超微粒子超硬刃に比べ、硬さを決定するタングステン・カーバイド(WC)を更に細かくすることで耐摩耗性が向上し、寿命を長くすることを実現しています。
抜群の靭性
WCとCo(コバルト)の含有割合を従来の超微粒子超硬刃と同等にしました。その結果、耐摩耗性の向上と優れた靭性※の両方を兼ね備えた刃物を実現しています。 
※靭性=欠け、割れ
良好な研削性
成分バランスを考え、従来の超微粒子超硬刃と変わらない良好な研削性を実現しています。
高品質で安全
国内の工場で社内一貫生産しており、従来製品と変わらぬ製法のため安心してご使用いただけます。
TOP CUT
ここが違う! TOP CUTは、耐摩耗性に優れ、しかも欠けにくいためお客様が求めている真の高寿命を実現しました

刃先状態

組織を均一かつ超微粒子にしたことで、従来の超硬刃よりも刃先のエッジが鋭利になりました。これまで寸法ズレを起こしやすかった紙質に対しても、誤差を軽減し精度の高い裁断を実現します。
TOP CUTの刃先状態

テスト結果:競合他社製品との比較

専用切断機による上質紙1カット/500枚の裁断比較テストにおいて、1.5倍の長寿命を記録。破断面のバラつきや紙粉の軽減を実現します。
テスト結果:競合他社製品との比較

テスト結果:SKH2(ハイス刃)との比較

約15倍の長寿命を実現する為、取替え作業の軽減も含め、お客様が望む費用対効果を実現します。
種 類 カット数
TOP CUT(超硬) 7,000~21,000回
ACE CUT(超硬) 5,000~15,000回
SKH2 (ハイス) 500~600回
※テスト用紙:上質紙
但し、紙質その他の条件により若干の相違はあります。

テスト結果:従来の超硬刃との比較

通常の軟質材から硬質材に至るまで、あらゆる紙質(※1)に対し高精度な裁断を実現 します。インクジェックGOS(※2)やインクジェット光沢紙(※3)においてカット数が2~2.5倍に延ばすことができました。カット数が増えても寸法ズレも少なく、紙粉の発生も軽減できます。
※1 紙質に合わせた刃角度及び、クランプ調整が必
   要です。
※2 インクジェットGOS=替刃後にテスト裁断しないと
   寸法ズレを起こしやすい
※3 インクジェット光沢紙=紙粉の発生が激しい
紙 質 寿命比較
(対ACE CUT
インクジェットGOS(インクジェット紙) 2.5倍
TJ99CF-SED(インクジェット紙) 2.0倍
GA180(インクジェット光沢紙) 2.0倍
OKプリンス(上質紙) 1.8倍
INSPECTION CARD(上質紙) 1.4倍

前のページへ戻る ページトップ
Copyright © 2006 FUKUDA HAMONO All Rights Reserved.