イベント

タナベ経営:生産性について講義

Today, I talked about how to boost your team’s productivity.

今回、タナベ経営さんの「生産性改革」の研修講師として、企業の生産性についてお話させていただいた。タイトルは「社員主体で楽して儲ける~10期連続増収増益の極意~」。

福田刃物工業は、2009年から2019年までの10年間で生産性が35.7%向上した。10年で売上3.3倍、社員数2倍、生産設備能力2倍となり、休日は10日増えた(2020年:123日)。社員117名はすべて正社員。今年は17名の新入社員を迎え入れた。

かつて世界の15%を占めていた日本のGDPも30年間で6%に縮小。世界35か国の生産性上昇率がこの10年で平均+20.0%台なのに対し、日本は▲3.0%という統計もある。日本の労働生産性はなぜこんなに低いのか。80分間の講義で、その理由をいろんな角度で指摘したが、ここでは割愛する。

それではなぜ、福田刃物工業の生産性は飛躍的に伸びたのか?実は、私にもわからない。社員のモチベーションを上げるために、熱意ある社員を増やすために、自分は何をすればいいのか、そればかり考えていることは確かだ。

研修を受けた企業とタナベ経営の方々からは、工場見学を通して「社員のモチベーションが非常に高い」という評価をいただいた。社員の仕事に対する熱意はどの会社にも負けないと私は自負している。

タナベ経営さま、今回は貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

過去の主な研修先:Google、良品計画(無印)、メニコン、アイリスオーヤマ、コカコーラ、アスクル、DeNA、マザーハウス、など。

【2020.10.8 社長】

  1. イベント

    改善=小さな変化
  2. イベント

    数をこなしてマシニング加工をがんばります!
  3. イベント

    どんなに不調でも言い訳はしない
  4. イベント

    関メタルーアート展打ち合わせ
  5. イベント

    初‼️岐阜城北高校1年生が来社
PAGE TOP